利用規約

  • 利用規約

    JICA海外協力隊募集特設サイト(以下、「本サイト」といいます)を運営するJICA海外協力隊募集事務局(以下、「当事務局」といいます)は、本サイトに関する基本的な利用規約(以下、「本規約」といいます)を、以下の通り定めます。
  • 第1条 本規約の適用

    本規約は、次条に定める会員が本サイトを利用するにあたり遵守すべき事項を定めたもので、当事務局と会員との一切の関係について適用されます。
  • 第2条 会員

    1)本規約において「会員」とは、当事務局が指定する手続きに基づき、本規約を承諾のうえ当事務局所定の方法にて本サイトへの登録を申し込み、当事務局がこれを承認した者をいいます。

    2)当事務局が会員として承認することを不適切と判断した場合、登録を認めない場合があります。また承認後であっても承認を取り消し、登録の抹消を行う場合があります。

    3)すでに登録されている会員が、重複して会員の登録を申し込むことを禁じます。

    4)当事務局は本規約を会員に対しての予告なしに改訂できるものとします。また改訂された本規約は、改訂以前、以後に関わらず全ての会員に対して適用されるものとします。改訂された本規約については、本サイトで告知されるものとします。
  • 第3条 ID等

    1)会員は、本サイトを通じて提供するサービスの利用にあたり、当事務局に登録しているメールアドレス及びパスワード(以下、あわせて「ID等」といいます)を使用するものとします。

    2)会員は、ID等の使用及び管理について自ら責任を持つものとし、第三者に開示したり、使用させてはならないものとします。会員は、自己のID等によりなされた、本サイトを通じて提供するサービスにかかる一切の行為及びその結果について、当該行為を会員自身が行ったか否か又は会員自身の過失の有無を問わず、自らその責任を負うものとします。

    3)会員は、ID等の盗難もしくは失念があった場合、又はID等が第三者に使用されていることが判明した場合、直ちに当事務局にその旨を届け出ると共に、当事務局からの指示に従うものとします。

    4)会員は、複数のID等を持つことはできません。万が一、一人の会員が重複して会員登録を行い、複数のID等を持つことが判明した場合には、当事務局は当該会員の登録を抹消することがあります。

    5)会員が、第三者のID等を不正に使用したことにより、当該第三者又は当事務局に損害を与えた場合、会員は当該不正使用によって生じた損害を当該第三者又は当事務局に賠償するものとします。
  • 第4条 登録情報

    1)ID等を含む全ての会員の登録情報は当事務局が保有・管理するものとします。会員の登録情報には、本サイト上で公開される情報(以下、「公開登録情報」といいます)と、本サイト上で公開されない情報(以下「非公開登録情報」といいます)があります。

    2)当事務局は、会員の登録情報を適切に管理、取り扱うものとし、会員の登録情報のうち、特定の個人を識別できる情報(以下、「個人情報」といいます)の取り扱いについては、別途定める「プライバシーポリシー」に従うものとします。

    3)当事務局は、登録情報の公開・非公開の区別を、会員が情報を登録する画面で示すものとします。会員が情報を入力して登録を申し込んだ時点で、公開とされた登録情報が本サイト上で公開されることに同意したものとみなします。

    4)公開登録情報が本サイト上で公開されたことにより会員が被った一切の損害については、会員自身が責任を負い、当事務局は責任を負わないものとします。公開登録情報のご入力の際には、ご注意ください。

    5)登録情報の全ての項目に関して、会員は虚偽の申告をしてはなりません。

    6)住所、電話番号、その他の登録情報に変更が生じた場合、会員は速やかに所定の変更手続を行うものとします。 変更手続がされなかったことにより会員が被った一切の損害については、会員自身が責任を負い、当事務局は責任を負わないものとします。
  • 第5条 会員の禁止事項

    会員は、本サイトを通じて提供するサービスの利用にあたり、故意・過失を問わず以下の各項に該当する行為(以下、「禁止行為」といいます)を行わないものとします。禁止行為を行った場合、当事務局は、事前の告知無く禁止行為に該当する箇所の削除、サービスの利用停止、又は会員資格の抹消等、当事務局が適切と判断した措置を行う場合があります。その場合、当事務局は、これらの措置に関する質問・苦情は一切受け付けず、当事務局はその理由を開示する責任を負わないものとします。

    1)公序良俗に反する行為

    2)犯罪行為に結びつく行為

    3)他の会員、第三者又は当事務局の知的財産権(著作権・意匠権・特許権・実用新案権・商標権・ノウハウが含まれるが、これらに限定されない)、肖像権、プライバシー、その他の権利を侵害する行為

    4)本サイトと関係がない団体、サービス、活動等への勧誘を目的とする行為

    5)他の会員、第三者又は当事務局に迷惑をかけたり不利益を与える行為、又はこれらの者を誹謗中傷したり、その名誉・信用を毀損する行為

    6)コンピューターウィルス等の有害なプログラムの使用・提供等により、本サイトのシステムインフラに障害を及ぼす行為、又は当事務局による本サイトの運営を妨害する行為

    7)選挙の事前運動、選挙運動又はこれらに類似する行為、及び公職選挙法に抵触する行為

    8)当事務局が承認した方法以外の方法により他の会員又は第三者との間で、売買等金銭的な利害を発生させる行為、代価性のない物品の交換や贈与等経済的な利害関係が生じる行為、並びに無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、又はこれを勧誘する行為、その他営利目的で本サイトを利用する行為

    9)未成年者に対し悪影響があると判断される行為

    10)スパムメールを送付する行為又は不特定の会員に対して電子メールを送付する行為、又は当該電子メールを読むこと、当該電子メールを使ったアンケートに答えること、あるいは当該電子メールを他の会員若しくは第三者に転送することを強要又は依頼する行為

    11)本人、第三者を問わず個人を特定する情報を本サイトに掲載する行為

    12)当事務局からの電子メール又は本サイトの内容を無断転載又は再配布する行為

    13)法令に違反する行為

    14)前各項に定める行為を助長する行為

    15)前各項に該当するおそれがあると当事務局が判断する行為

    16)その他、当事務局が不適当と判断する行為
  • 第6条 会員間の情報の授受等

    1)本サイトを通じて会員同士でなされた情報の授受、及びそれに付随して行われる行為について、当事務局は一切責任を負わないものとします。

    2)本サイトを通じて会員同士でなされた情報の授受に関して、当該情報が各種ウイルスに感染していたことにより当事務局、他の会員又は第三者が損害を被った場合、当該情報を掲載した会員はその損害を賠償するものとします。また、当事務局は当該損害について会員又は第三者に対して一切責任を負わないものとします。
  • 第7条 権利の帰属

    1)当事務局が本サイトに掲載する情報に関する知的財産権(著作権・意匠権・特許権・実用新案権・商標権・ノウハウが含まれるが、これらに限定されない)、その他の権利は、特段の定めがある場合を除き、すべて当事務局又は他の著作権者に帰属するものとし、会員は、当事務局が承認した場合を除き、本サイトの利用を通じて入手したいかなる情報も、当事務局が指定する方法以外での使用をすることはできません。

    2)本サイト上又は本サイトを通じて提供するサービス上で、会員が掲示した内容により知的財産権(著作権・意匠権・特許権・実用新案権・商標権・ノウハウが含まれるが、これらに限定されない)が発生する場合、当該権利は全て当事務局に無償で譲渡されるものとします。また、当事務局が本サイト又は本サイトを通じて提供するサービスで行う募集に対して会員が応募したイラスト、キャッチコピー、企画、その他のコンテンツについても同様とします。

    3)前項の著作権には、著作権法第27条、第28条所定の権利を含むものとします。

    4)会員は、当事務局並びに当事務局より正当に権利を取得し、又は正当に権利の使用許諾を受けた第三者に対し、著作者人格権(公表権、氏名表示権、同一性保持権)を行使しないものとします。
    なお、本サイト内の情報が、新聞、雑誌などに掲載されることや出版物として発行されることもありますので、あらかじめご了承ください。但し、個人情報保護及びプラ イバシー保護の観点から、氏名や住所などの個人情報に関しては会員の事前の承諾なしに公開することはありません。詳しくは別途定める「プライバシーポリシー」をご覧ください。
  • 第8条 電子メールの受・発信

    1)会員は、会員として当事務局と電子メールの受・発信を行う場合、当事務局に登録したメールアドレスと同一のメールアドレスを使用するものとします。

    2)会員が当事務局に登録したメールアドレスと異なるメールアドレスにて受・発信を行った結果、当該会員に不利益、損害が発生しても、当事務局はその責任を負わないものとします。

    3)当事務局が本サイト上に掲載する情報又は当事務局が会員に送る電子メール内の情報については、当事務局が選択及び決定できるものとします。

    4)当事務局からの電子メールに返信を行う場合、当事務局指定の方法によるものとします。

    5)当事務局指定の方法と異なる方法にて返信を行った場合、当該会員に不利益、損害が発生しても、当事務局はその責任を負わないものとします。

    6)会員として発信する電子メールの本文中の記載内容については、会員本人の責任に基づくものとします。
  • 第9条 会員資格の抹消

    1)以下の項目に該当する場合、当事務局は、会員の承諾なしに会員資格を抹消することができるものとします。
    (1)会員資格を不正に利用した場合
    (2)当事務局が承認した以外の方法で本サイトを営利目的に利用した場合
    (3)会員の登録情報に虚偽が認められた場合
    (4)本サイトの信用や社会的地位を脅かすおそれのある行為が発覚した場合
    (5)当事務局のサービスやシステムを不正に利用した場合
    (6)その他、本規約のいずれかの規定に違反した場合

    2)資格が抹消された場合、会員は本サイトで保有する全ての権利を喪失するものとします。
ページ先頭へ戻る
読み込み中です